CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


この予想は外れてほしい。

JUGEMテーマ:投稿ライフ



コバルト短編の結果が今月の7日に分かった。

今回は6月に応募した話の結果。

そして、今回もダメだったーーーーー!

なんかもうね、結果をきちんと見る前から「ないな」って分かるというか。

最終選考もウェブに掲載されるようになってから、最終選考の人にも先に連絡がいくのだろう。

だから連絡がないから受賞や最終選考ではないにしても、もう一歩には……と思ったんだけど。

今回、結果が分かった話は、4カ月くらいかかって書いたもので

初めて書く雰囲気だったので難しかったけど、うまく書けたと思っていたのは私だけかー。

そんな風に自信があった作品が、選外だった落ち込むなあ。

それでも、応募し続けないと受賞はできないわけで。

書き続けることでしか結果は出せないんだよね。


そんなわけで、10月10日締め切りのコバルト短編も応募して

コバルトの企画の文房具小説も応募した。

コバルト短編も、文房具小説も、2作づつ応募するつもりだったけど

2作目を書く勢いがなかった……!

歳かなあ(´・ω・`)


コバルト短編の結果と同時に、あらすじ大賞の結果も出ていた。

こちらもダメで、あらすじを読み返したら、内容が伝わらない(大問題)

そんなわけで、あらすじを貼っておこう。


<タイトル>

遊郭の夜は明けない。

<キャッチコピー>

同心よりも先に遊女の私が事件を解決します。


<あらすじ>

 ナンバー1キャバ嬢の麗良は、ある日、客の男に刺される。
 麗良の魂は時を越え、江戸時代に遊女として働くことになったお藤の肉体と入れ替わってしまう。
 しかたなく遊女として振る舞う麗良だが、初めての客が何者かに殺されてしまい、その第一発見者となる。
 麗良は濡れ衣をかけられたくない一心で事件を解決するべく動き出す。
 江戸時代では客になった者が相次いで殺されていく中、現代の麗良の客にも異変が現れる。



うーん。何を伝えたいのかよく分からない上に、いろいろとツッコミどころ満載だったなー。

元キャバ嬢が、江戸時代で遊女として、裏では探偵として自分の客の殺人事件を暴くという

江戸ミステリーなのだけど、並行して現代でも殺人事件が多発みたいなサスペンス要素を加えたかった。

でも、これを書くには、江戸とか遊女とかそういう知識だけではなく

その時代にどうやって殺人事件が起こるのか、トリックは? とか考えると

いやー無理無理。

現代のミステリーでも頭パンクしそうなほど考えたのに。

そんなわけで、考えるだけなら簡単だけど実際に書くとなると大変だなあと思った。


さて、もう10月も15日。早い……。

応募したい意欲はあるのに、なかなか進まない。

とりあえず、今回、選外だった話のリンクを。

トリックアンドトリート!

※ジャンルは現代ファンタジーです。

で、ここから日光の写真と猫写真。

ハート日光。



先週、相方と数年ぶりに日光の中禅寺湖の付近へ行った。

栃木の県北に住んでいるから、日光って車でそんなにかからない。




お土産屋さんの前にあった。日光のキャラらしい。


良い天気だったので、男体山もよく見えた。




シーズンオフなので人は本当に少なかった。閉まってるお土産やも多かったなあ。


ボートもシーズンオフ。加工なしでこの哀愁。






戦場ヶ原に行ったのは、初めて。何もない!


戦場ヶ原に行って、物語シリーズのガハラさんの話をする私と相方。いや、だって、ねえ?


日光に向かう車内で、コバルトのノベルのアイデアがようやくまとまった。

気分転換って大事だね!


ねこ猫写真。


お嬢の良い表情が撮れない!


箱が小さくないかな?


絵になるねー。


一緒に寝たいむしゃと、迷惑そうなお嬢。

お嬢のかわいい写真がないので、探してみた。


ちょっと前の。かわいい。


ちょっと前のその2。やっぱりかわいい。


posted by はなちょこ | 18:48 | 日常 | comments(0) | - |
ペンネームを変えようか?

JUGEMテーマ:投稿ライフ




珍しく月1じゃない!! 

……とか思ったらもう10月だよ。

でも、先月は月に2回は更新したような(記憶にない)


ペンネームを変えようかな、と。

唐突にそんなことをぼやいてみる。

ハンドルネームは、はなちょこのままで。

応募するときの名前を変えようかなーと思った。

理由は、特にない。

ただ、「もしかしてこのペンネームのせいで良い成績が出せないんじゃ……」と

思ったり。自分が結果を出せないことをペンネームのせいにしてるよ。

でも、験を担ぎが好きなのは確かだなあ。特に小説のことになると。

紙で応募していた頃は、「この前はこのポストで投函してダメだったから別のポストにしよう」とか。

WEB応募になっても、「この作品のキャラ名でもう一歩に残ってるから、名前だけ使おうかな」とか。

完全に信じているわけじゃないけれど、なんとなーく気にしてしまう。

それもまた楽しいからいいのだけど。


おまけに私は、小説の登場人物の名前を考えるのが大好きだ。

苗字と名前のバランスとか、漢字のかわいさ(完全に主観)とか。

キャラに合っている名前なのかとか。

ネットに命名ランキングとか命名辞典がいっぱいあるので

苗字も名前もいっぱいブックマークできた。ありがたい。

ちなみに男女ともに和名が好き。


そんなわけで、眠れない夜にベッドに横になりつつ

新しいハンドルネームを考えてみる。

やはり尊敬している作家から取るべきだろうか。

そうすると秋山瑞人なわけだけど。

苗字だけほしいな、秋山。でも、それで電撃に応募したらバレバレかなー。

あと他の人とかなりの確率でかぶっていそう。

じゃあ、秋山瑞人の作品はどうだろう。

イリヤだと須藤晶穂。うん。これもまんまだ!

E.G.コンバットだとルノアかカデナがいいなー。

しかし、これもストレート。

じゃあ、もういっそのことアニメキャラから……。

そこでハッとする。

それこそ、結構な数の人がやっていそうだ。

なんか、だんだんどうでもよくなってきた。

花千世子でいいか。

「はなちょこ」はFF11から使っているハンドルネームで

もう12年の付き合いになる。

ペンネームを花千世子にしたのも、はなちょこを漢字にあてただけ。

でも、これを考えたのも随分と前だ。

せっかく気に入っている名前なのだし、これを変える必要はない。

ペンネームのせいにしていないで、私が「花千世子」として精一杯、頑張ればいい。

そう思ったので、ペンネームは変えなくていいや、という結論に至った。

でも、名前を考えるのは楽しい。


カピバラさん宣伝。

コバルトのノベルで一次通過できなかった作品を「小説に家になろう」にUPしました。
連載形式で、現在7話です。10話くらいで完結するかと。
ジャンルはサスペンス+ローファンタジー。多分。

特殊能力捜査係。
※毎日更新してます。


昨日、短評をもらったので共幻文庫に一次通過二次落選した話もついでに。
こちらは、Gとか虫とか気持ち悪いものとか大丈夫な方はどうぞヾ(*’▽’*)ノ
ホラーですが、ホラーしていないような……。

GO!!
こちらは短編です。
最近、流行のポ〇モンGOとは無関係です。念のため。


よくよく考えたら、「ポケモンGO!」が巷で人気なんだし

タイトル変えれば良かったかなあ。

もちろん、このアプリを知る前に考えたタイトルなのだけど。

考え過ぎかなー。

そんなわけで、宣伝が終わったところで、写真を!


Docomo68花の写真


近所のコスモスが満開。この色、きれいだなあ。


コスモスは大好きな花。


花は可憐な雰囲気なのに、葉と茎の雑草っぽさ。このギャップが良い。



というかキク科の花が好き。

ねこ猫写真。


最近はこの箱が人気。


せっかくカメラ目線なのに切れた!


うーん。実際に見たらもっともっとかわいいんだけど!


相方に抱っこされるむしゃ。嫌そう。


クローゼットの奥底にしまおうと思っていたカバンを、床に置いたらベッドにされた。


それ以来、このカバンは猫ベッドとして第二の人生を歩んでいる。


posted by はなちょこ | 21:50 | 日常 | comments(0) | - |
江戸の町と魔法少女の魂。

JUGEMテーマ:日記・一般




先週、相方と埼玉にお墓参りに行ってきた。

お墓参りの前に羽生のパーキングエリアで休憩をしたら


どこの江戸?! 状態にリニューアルされていた。




すごい。タイムスリップしたみたい!





クオリティが高い。


そしていちいち芸が細かい。





これはすごく良いものを見てしまった。

デジカメ持ってくれば良かった!!!

外観だけではなく、売っている食べ物とか江戸を意識していたり

内装もきちんと江戸な世界を再現しているようだった。

今度はデジカメ持って行きたいなあ。

羽生パーキングエリアは一見の価値あり!

……なんて回し者みたいな発言をしたくなるほど、クオリティが高かった。


さて、お墓参りの後でレイクタウンに行った。

あのものすごーーーーく広いアウトレット。

数年ぶりに行ったなあ。

スイマ―がちゃんとした店舗であったので感動した。

スイマ―めっちゃ好きだよ!あのオモチャっぽさ!(褒め言葉)

夢の国のようだったよ。

宇都宮にスイマーの雑貨がちょっとだけ置いてある店はあるんだけどねえ。

本当にちょっとだけなんだよ(´・ω・`)

埼玉すごい!

さすが都会だなあ。

で、アウトレットをうろうろしていたら何気なく

ガチャガチャの機械がいっぱいある場所を発見。

ついついガチャガチャは一台一台チェックしてしまう私と相方。

そしたらあったんだよ!

まどマギのソウルジェムストラップのガチャガチャが!!!!!!!

最初は、前に見たまどマギの別のガチャガチャかなーと思ったんだけど

それは私がずっと探し求めていてあきらめたやつだ!

3年前だか4年前だかに、ソウルジェムストラップが欲しくて

探し回って、やっと見つけたけど中は空っぽ(つまり売り切れ)

そんなことが何度もあって。

このオタク共め!(お前もな)

なんて思っているうちに、なくなってしまったのだけど

こんなところで再会できるとは……!

もちろん回したよ。

個人的には色はまどかのがいいなあと思ってたんだけど


あらマミさん。

ってゆーかマミさんの色だとちょっと分かりにくいんだよなー。

もう全色出すまで回そうかと思ったけど

それはやめておいた。

そして、そのガチャガチャの近くにあったアニメイトに入り

ごちうさのガチャガチャを発見。

イラスト入りキーホルダーみたいなやつ。

相方「待て。それはただの絵だ!」と止められた。

いや、あの、実はごちうさはほとんど見てなくてなー。

絵はかわいてく大好きなんだけど。

なのでやめておいた。

あー。まどマギのソウルジェムストラップもう1回だけ回しておけば良かったなあ。

色的にはまどかかさやかなのだけど

キャラはほむら好きなんだよなー。

キャラというか中の人か。

斎藤千和さん大好き。ガハラさんで惚れたぜ!

そろそろやめておこう。

これをうっかり読んだ人にドン引きされそうだ。いや、もうされてるのか。

そんなこんなで、楽しかったなあ。

もうレイクタウンに何しに行ったのかよく分からなくなったけど。

ソウルジェムストラップをゲットできて大満足!

ちなみにバカみたいに運動不足なので森も満足に回れずに帰ったよ(´・ω・`)


あ、そうそう。

一昨日、共幻文庫の短編コンテストの一次通過発表があった。

10日発表することは知っていたので

10日の朝からずっとサイト覗いてたよ。

F5キーを連打する簡単なお仕事です!

前回は選外だったので、今回はなんとか!という気持ち。

2作応募したけれど、どうだったかなあ?と色々と考えてしまった。

一次通過者発表があったのは0時直前。

この焦らし上手!(深夜のテンションでおかしくなっている)

そして。

一次通過していたよー━━━━(゚∀゚)━━━━!!

一作だけね! もう一作は落ちた。

でもいいの! 一作通過していたので大満足。

二次通過発表は20日だけど、あんまり気にしないように過ごそう。

発表を気にする前に応募作を書かないとね!


猫写真(=^・・^=)






むしゃから昼寝のお誘い。


posted by はなちょこ | 23:11 | 日常 | comments(0) | - |
「楽しむ」って最近してない。

JUGEMテーマ:日記・一般






相方に「ブログ、月1も更新してないよね」って言われた。

じゃあ、そろそろ更新しようかなあ、と。


で、7月と8月の出来事を簡単にまとめる。

・初めて地元の夏祭りの手伝い(屋台)をする。

・相方の誕生日(8月11日)


あれ? これだけ?!

小説関連のことを除いたら、なにこの行事の少なさ!

うーん。もっとなにかあった気がするんだけど。


応募小説に関しては、もうなんか思い出すだけでぐったりする。

最近、結果が分かった公募たち↓


8月初旬に発表されたコバルト短編→選外。

同じく8月初旬に発表された共幻文庫の短編コンテスト→選外。

先週発表されたコバルトのホラー企画→選外。


恐ろしいくらいに選外続きだよ!

ここ数か月で、一番良い結果は共幻文庫の佳作をもらったこと。

でも、もう3ヶ月前の出来事だ。

うかうかしてたら1年なんてあっという間だ。

特にここのところ、コバルト短編はずーっと選外。

調べてみたら去年の10月にもう1歩で載って以降、選外続き。


せっかちなタイプなので、焦ってしまうのだけど。

焦ってもどうにもならない。

むしろ焦れば焦るほどにアイデアが出ないし書けない。

そんなわけで、私はもう焦ることをやめにした。

まだまだ努力不足なので、もっと頑張れるところは頑張るとして

気持ちとしては「結果を出す」ということよりも

「楽しく書く」ということを優先する。

でも、最近の自分の趣味が、「コンテストとかに応募して結果を知ること」なんだよね……。

結果がどうであろうと、発表前日のワクワクが楽しい。

楽しく書いて、応募。

これができれば一番いいんだよなあ。


それにしても最近は創作関連のつぶやきのような日記になってる。

ついでに結果が出た小説のリンクも貼ってしまおう。

キューピッドとバレンタイン コバルト短編選外。

私だけの救世主 共幻文庫短編コンテスト選外。


ねこ猫写真。


カメラ目線。


ぽってりした腹。


猫たちの水飲み用の器に氷を入れてみた。


ものすごい見てるなあ。
この後、氷を前足でちょんちょんつついて遊んでいたんだけど撮れなかった!


発酵。


イケニャン。


うっかり前足を踏んでしまい、「もう誰も信じられない」という目をしているむしゃ。
※このあと30分も経たずに機嫌が直る。


posted by はなちょこ | 16:55 | 日常 | comments(0) | - |
ホラーに目覚めた?

JUGEMテーマ:投稿ライフ





庭で咲いた紫陽花。


やっぱり月1更新になってるー!!!

コバルトノベルの発表後にブログ更新しようと思っていたのだけど

発表から結構、日にちが経ったなあ。

先月にコバルトのノベル(中編から長編の応募)の一次と二次通過者発表があった。

突然の発表で、しかもツイッターのフォロワーさんの話で知ってものすごくビックリ。


もともと2年くらい前に書いた(どこにも発表していない)お話の改稿作を応募したので

「一次通過しないだろうなあ」と思っていたら、本当に一次通過しなかった/(^o^)\


もちろん適当に書いたわけじゃないのだけど後になって我に返るというか

ダメところばっかり目についてしまって、「これはもう忘れよう」と思っていた。

ある程度、結果を出す作品は応募した後で

「そんなに自信はないけど私は好きだよ!」って思えるんだよね。

私の少な〜い経験から導き出された答え。

そろそろ言い訳はやめよう。


んで、コバルトのホラー企画は応募した!

6月末くらいだったかな。

原稿用紙30枚以内におさまったので、コバルト短編でもいける量なのだけど

正直、短編のほうで受け付けてくれる話かどうか不安で……(;´・ω・)

ちょっとはっちゃけ過ぎたかもしれない(ホラーではっちゃけるなよ)


コバルトのホラーとジャンプの短編に応募しようと思って(こちらはやめたけれど)

最近、ホラーを私にしては沢山書いたのだけど、書いてて楽しい。

楽しいってなんだよって自分で思うのだけど。なんだろう。

自分がものすごく怖がりな上にホラー作品は嫌いじゃないという矛盾人間なので

書いていると変なテンションになるんだと思う。


うーん。

なんかダラダラ長くなるので、今後応募予定のところを箇条書きにしてみる。


・コバルト短編(8月10日締め切り)

・共幻文庫 先月は応募できなかったので今月は絶対に!

・長編(少年向け)応募する出版社はまだ未定。

・小説家になろうのホラー企画。 初参加!

・コバルトのあらすじ大賞


全部、応募できるように頑張ろう!


0写真。


近所(でもないか)のパン屋さんが増築してた!





まだ工事中だったけど、かわいかったー。北欧っぽい(行ったことないけど)


ねこ猫写真。


相方に抱っこされるお嬢。


窓辺で寝転びながら自宅警備。


お嬢「異常ないわよ」


むしゃ、イケニャン!


お気に入りのダンボール。


ダンボール、壊れてきてないか?


一触即発。でも仲はいいんだよ。




posted by はなちょこ | 14:33 | 日常 | comments(0) | - |