Search this site
作家志望のぼやきと愛猫の写真。
<< 写真を撮るのが楽しかった。 | TOP | 結局は花より団子より猫。 >>
うわ、私の落選回数多すぎ?

JUGEMテーマ:投稿ライフ

 

 

タイトルは懐かしいネット広告のネタで。

 

タイトル通り、どんどん落選してるよー\(^o^)/

 

以前、100回落選した方が電撃(だったような)でデビューされたというのをnoteで見て

 

よーし、目指せ100回と思ったものだ。

 

でも、そもそも落選回数を数えてない。

 

ダメじゃん。

 

調べればわかると思うんだけど、わざわざ落ちたことを掘り返したくない。

 

そう、私が今回、こんなタイトルにしたのも、落選したからだ。

 

みらい文庫、一次通過できなかった!

 

落選したよー(´;ω;`)

 

みらい文庫、一ヶ月で仕上げたけど、正直辛かった。

 

書くのが、ではなくテーマが既存作とかぶっててね……。

 

本当にすごい偶然だったなあ。

 

それがわかったのは締め切り10日前くらいかな。

 

で、別のアイデアで書き直した。

 

ストーリーラインは変えず、設定だけ変えた。

 

いやあ、怒涛の一ヶ月だったなあ。

 

しかも、みらい文庫は、初投稿で二次通過三次落選だったので

 

「次は最終選考か受賞なのでは」と調子に乗っていて

 

調子に乗るだけならまだしも、気合い入り過ぎてうまいこと書けない。

 

「受賞したい」という気持ちだけが先走ってしまった。

 

だから、もう訳がわからないまま応募したのだ。

 

そうは言っても、自信がないものを送ったわけではないのだけど。

 

ただ、応募したあとで読み返してみたら「これはこうすれば良かった」と思うことばかり。

 

正直、今回は一次通過しないなあ。

 

でも、一次通過したいなあ。

 

二つの気持ちで揺らいで、結果、一次通過できなかった。

 

「ああ。そうだよね」と納得する反面、「そうか、でも悲しいな」という気持ちもある。

 

納得してるはずなのにショック、という複雑な気持ちで、久々に落ち込んだ。

 

最近、エブリスタの妄想コンテストでガシガシ落選しているのだけど

 

自信作!と思えるものが落ちて、地味にショックなんだよね。

 

それがこう一気に解放されたというか。

 

 

でも、落選経験はそれなりに豊富なので

 

二日ほどで立ち直ったわけだけども。

 

ただ、今回はむしろ立ち直るまでに二日かかったくらいに久々にショックだった。

 

そして、完全復活である。

 

みらい文庫落ちたからもう怖いものはないぞ!

 

どんどん落ちても大丈夫。

 

あと9つ結果待ちがあるのだけど、もう何も怖くない(麻痺が復活しつつある)

 

さっきエブリスタの妄想コンテストで落選わかったけど(それまで結果待ち10だった)

 

大丈夫、もうダメージはない。

 

これ完全に麻痺してるわ。

 

とりあえず、このある意味無敵期間にいっぱい書いて応募しようと思う。

 

今なら変に気合いが入らないと思う。

 

気合いが入ると空回りしてしまうけど、このくらい無の状態のほうが

 

気楽に書けて尚且つ納得いくものが書けそう。

 

自分に期待しないってなんて気楽。

 

そりゃあ、受賞したいし良い成績出したい、自分の書くものに期待もしたいけど

 

楽しんで書くことを忘れないようにしたい。

 

気合い入れ過ぎて書くと、私は楽しめないんだよね……。

 

プレッシャーに弱いなあ。しかも自分でプレッシャーかけてるだけだし。

 

とにかく、またどんどん応募するぞー!

 

posted by はなちょこ | 18:18 | 創作独り言 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 18:18 | - | - | - |
コメント
コメントする