Search this site
作家志望のぼやきと愛猫の写真。
<< 続けていれば良いことあるよね。 | TOP | 長くなる季節。 >>
懐かしい使い捨てカメラ。

 

今使っているカメラアプリは、フィルターが200円ほどで追加できるのだけど

 

無料でも十分だったので、課金はしていなかった。

 

だけど、つい数日前に懐かしい雰囲気のフィルターを発見して課金をしてしまったよ。

 

1988年の世界のアナログ風フィルターらしい。

 

いや、さすがに1988年はカメラ触るお年頃じゃなかったんだけども。

 

そもそも私が高校の頃は使い捨てカメラだった。

 

高校の修学旅行も卒業式も全部、使い捨てカメラ。

 

そういえば、私が高校時代ってちょうどプリクラブームでもあったなあ。

 

私が高校2年生の時に全身プリクラの機会が近所のゲームセンターに入って

 

猫も杓子も全身プリクラよ。

 

そこから数年後に携帯にカメラがついて、携帯にカメラが当たり前になって

 

結婚後はデジカメを持って、今に至る。

 

 

話は戻って、私の高校時代。

 

使い捨てカメラって現像しないとどういう出来になっているかわからない。

 

すげえ失敗してるとかあったり、手ぶれ多いとかあったり。

 

でも、現像って一度で3000円くらいかかったんだよね。

 

合計30枚くらい撮れて3000円ほどの出費は高校生には痛い。

 

とにかく、写真=気軽ではなかった時代。

 

今はもう本当に気軽に撮れて保存削除できちゃうからねえ。

 

こうして昔を振り返ると年とったなあとつくづく思う。

 

そんなふうに年を重ねると、昔を懐かしむわけで

 

古いフィルターなんかを課金して、つかって楽しんでいる。

 

いい時代だなあ。

 

 

前置き(?)が長くなったけど、そのフィルターで加工した写真を貼りつけていこう。

 

宇都宮のオリオン通りの紫陽花。

 

よく見る田舎の風景もなんかオシャレになるなあ。

 

実家の玄関脇の花。

加工するとなんか良い意味で哀愁が出る。

 

この前撮った近所の川の写真も、青春の思い出っぽい。

 

春の枝垂れ桜もアートっぽくなった。

 

 

猫たちの写真も。

 

むしゃは私のPCの後ろで寝てこちらを監視している。

 

ちょこの何気ないポーズもなんかオシャレな写真っぽい。

 

こっちはあまり変わらないな。むしゃだってわかりにくい写真だし。

 

フィルター加工なしのちょこ。

 

むしゃ、丸い、かわいい。

 

寝てる姿もあざとい、かわいい。

 

このフィルターというかカメラアプリ、めっちゃ褒めてるけど

 

回し者とかそういうのではない(笑)

 

それにしても、簡単に色々な写真が撮れる時代になったなあ。

 

カメラアプリだけで時間が潰せてしまう。

posted by はなちょこ | 17:40 | 日常 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 17:40 | - | - | - |
コメント
コメントする