CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


<< ダンジョンいってきた。 | TOP | メインは猫の日。 >>
締め切りラッシュ!

JUGEMテーマ:投稿ライフ




普通の日記と、創作日記で記事を分けてみた。

そんなわけで本日、二回目の更新。

一回目の更新はこちら↓

ダンジョンいってきた


───


ノベルの応募が終わって、ホッとしたのも束の間。

2月5日がウエブコバルトの企画「擬人化小説」の締め切り。

そして2月10日がコバルト短編の締め切り。


擬人化は、なかなかアイデアが決まらなかった。

この企画が発表された直後は

「なんでも擬人化OKでおまけにジャンル自由は書きやすい!」

とか思っていたけど、アイデアが浮かんではボツになり

また浮かんではボツになり、ひねりだしてはボツになり

途中で書いたものもボツになりを繰り返してようやく気づく。

自由度高すぎると、なに書いていいのか分かんないや(遠い目)

前回の「泣ける小説」のほうが早めに決まった気がする。

ある程度のジャンルのしばりはあったほうが書きやすいのかも。

しかも、本文の最初に擬人化の設定を書く、という決まりがあった。

なので盛大にネタバレするわけだよね。

そんなわけで、今回はハードルが高かった気がする。

いや、泣ける小説もハードル高いけどさ。泣けて元気になる、って狙って書くの難しいよ。


擬人化に無事に応募したものの、次はコバルト短編(2月)

去年は2月だけ休んでしまったので

今年は皆勤賞を目指したい! 何が目的なのかわからなくなってるけど。

あ、その前に、コバルトの結果(10月応募)が出た。

先週の金曜日だったのだけど

いつものように私は、午前10時頃からパソコンの前に正座。

そして、F5キーを連打。

コバルト短編の結果発表は、午前11時と午後2時か3時付近がある。

最近は11時が多かったので、午前中からF5キー連打していたけど

昼過ぎたら「いや、これもう午後2時とか3時かな」と思い

買い物へ行った。すごく気にしながら。

で、待てずに出先でスマホでウェブコバルトをチェック。

更新されてる。

そして、更新されていると知った瞬間に悟った。

あ、これないわ。

そしてない/(^o^)\ナンテコッタイ

ちなみにその日の夢で、コバルト短編で「もう一歩」に名前がなくて

ガッカリするという夢を見たので

二度もガッカリしたよ! なんだよそれ。


でも、人間って慣れるもので。

「まあいいか。次だ次」という気持ちになるのが早い。

そして、「小説家になろう」にUPした。

どうせなら、とっつきやすいタイトルに変えて

あらすじも意味深(ホラーなので)にしておいた。

それで、次の日に何気なく日間ランキング(ジャンル別)を見たら……。


2位だよ!!!!自分の目を疑ったよ!

金曜日の夜にUPしたので、「読んでくれるかなー」くらいの願いは託したけど

まさか日間ランキング(ジャンル別)2位になるなんて、驚いた。

ちなみに、その後はすぐに3位→7位→55位。

落ち方が容赦ないな(`・ω・´)

でも、選外だったものがこうして2位ってなるとすごくうれしいなあ……。

そんなわけで、現在は何位だか見当もつかない

私のコバルト落選作を載せておきます。

※ホラーですが怖いというよりは後味が悪いやつです。

10年後アプリ


で、これが落ちたので、「私ホラー向いてないな!」と思い

次はコメディを狙いたかったんだけど、まったく話が思い浮かばず。

結局、物騒な話になってしまった。ホラーじゃないんだけど。

そんなこんなで、コバルト短編は9日応募完了。

ちなみに次(4月発表)のコバルト短編も、ジャンルがホラーなんだよね……。

今から心配だな。


そんなわけで、あれこれと考えていたら、電撃用のアイデア(多分、短編)が

まとまったので、それはそれで悩んだかいがあった。

ちなみに、今は富士見ファンタジアの短編に応募するべく、書き始めた。

もう7年くらい前に富士見ファンタジアに長編を一度応募したようなしていないような。

少年向け自体が久々だし、初の異世界転生ものなので

「異世界ってほとんど書いたことないんだけど大丈夫かなあ」と思いながら

書き始めたけど、今のところ楽しく書けている。

富士見ファンタジアは、コバルトの企画くらいの規定枚数なので

長編に苦手意識のある私としては、ちょうどいい訓練にもなりそうだし

なによりも温めていたアイデアを応募できるレーベルがあって良かった。

とにかく完成させなければ!










posted by はなちょこ | 16:41 | 創作独り言 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 16:41 | - | - | - |
コメント
コメントする