Search this site
作家志望のぼやきと愛猫の写真。
誕生日プレゼント。

JUGEMテーマ:投稿ライフ

 

ブログ用に桜の写真やら猫写真やらを撮っていたものの

 

まだUPできる状態にないので、公募の結果だけでも。

 

というか、今日は誕生日。

 

年とったなーーーーーーーーーーーーー。

 

そもそも、私は18歳くらいから「もう18だ、誕生日くるの嫌だなあ」

 

だなんて思っていたので、10代後半からずっと誕生日を喜べていないという……。

 

いや、でも今日はめでたい日だ。

 

 

そして、もう1つめでたいことは、コバルトのノベル一次通過したこと!

 

前日に公式で発表がなくて、昼過ぎにツイッター覗いたらノベルの発表がきていると知り

 

ものすごく不意打ちの結果発表だった。

 

いつも県名を先に確認するので「あ、栃木はあるけど、私の名前はない。落ちたか―」と。

 

今回、自信がなかったので(お気に入りではあるものの)、予想以上にショックは少な目で

 

「それじゃあ、他の作家志望の方でフォロワーさんの名前があるかな」と確認したところで

 

自分のペンネームと作品タイトルを発見。

 

ただ、県名が福島になっていたけど。

 

最初は「ん? コバルトのほうが間違えた」とかコバルトのせいにしちゃったけど

 

よくよく考えると短編やノベルの投稿フォームって、プルダウンメニューで県名を選択するタイプ。

 

あっ、それ私が間違えた可能性高い。

 

というか、そもそも福島になってるし、それなら選択ミス大いにある!

 

最初にコバルトのせいにして、申し訳ない。

 

 

それにしても、「自信がない時に通過する」が本当に多いなあ。

 

自信たっぷりだと客観視できてないってことかな?

 

私の場合は、その可能性が高そう。

 

 

そんなこんなで結果待ちが1つ消えず、来月まで残った!(問題はそこではない)

 

いい誕生日プレゼントもらったな〜

 

 

posted by はなちょこ | 16:44 | 公募の結果など。 | comments(0) | - |
三次通過できなかった。

JUGEMテーマ:投稿ライフ

 

 

みらい文庫、三次通過ならず!

 

ここで、「まあ、三次通過は無理かなあと思ったんだよね」とクールに振る舞うことはできない。

 

だって最終選考の座談会選評の形式であれこれ言われながらも、受賞するという妄想をして

 

毎晩、寝る前に楽しんでたんだよ(´;ω;`)

 

 

そもそも三次通過発表が、20日頃と公式ツイートでされた時。

 

頃ということは20日確定ではない。

 

それならもっと早いという可能性も遅いという可能性もあるのか。

 

そう思っていたら18日の月曜だったー。早かったー。

 

 

それにしても、落ちてる時って一瞬で「ない」ってわかるね。

 

いつもそうなんだけど、ぱっと見で自分の名前があるかないかわかる。

 

それだけ、通過者リストにものすごい集中力がいってるんだろうなあ。

 

 

今回、選評をもらえたのは、うれしい誤算だった。

 

なぜ落ちたのかわからないよりも、こうしてどこが良くてどこが悪かったのか。

 

編集者の人がコメントをくれるというのは、とても貴重でうれしい。

 

本当にありがたかった。

 

 

で、ぶっちゃけると、「ハート・デコレーション」は使い回し。

 

エブリスタのほうにUPしている「デコレーション!」を少し改稿したものだ。

 

みらい文庫の規定ではOKなので。

 

エブリスタの「別冊フレンド原作賞」に応募したら、優秀100作に残ったので

 

ちょうど募集していたみらい文庫に、少し改稿して応募した。

 

昔から、改稿作が良い成績だった試しがないので

 

「一次通過できたらうれしい」という気持ちだった。

 

自信がないというか、みらい文庫への応募が初めてだったので

 

どのくらいで一次通過なのかとか、そういう情報が自分にない。

 

だから未知の場所に応募した気分だった。

 

 

そんなわけで、二次通過三次落ちという結果だったけど

 

選評を読むと、何がダメだったのかよくわかるので

 

設定だけまた引っこ抜いて、また0から長編に書き直そうかなあと思っている。

 

どこかに応募する、ということではなく。

 

元が中編なので長編にしてみたいなあという気持ちと、この設定で別のお話書けるんじゃない?

 

……という完全に、私の趣味だよね。

 

 

そんなわけで、落ちたけど、二次通過三次落選と

 

とても頑張ってくれた作品なので、なんとか活かしたいなあと思いつつ

 

今書いてる長編とか応募する短編、進めたいなあ。

 

posted by はなちょこ | 10:55 | 公募の結果など。 | comments(0) | - |
ここ最近の結果と応募。

JUGEMテーマ:投稿ライフ

 

猫写真が見たいかたはこちらの記事へどうぞ。

 

二匹の距離、縮まる

 


 

 

ここ1ヶ月くらいで、結果や新しく応募したところもあったので

 

それについて書いていこうかなーと。

 

結果が出たのは、エブリスタの「別冊フレンド原作賞」

 

原稿用紙80枚くらいの学園異能ラブコメを応募した。

 

中間結果では、私は最終選考には残れなかったけど

 

「優秀100作」の中にはタイトルが載ってた!

 

エブリスタ編集部から選評がもらえるそうなので楽しみ〜

 

 

そして、以前書き上げた長編を200枚にして

 

これまたエブリスタの「DEF STUDIOS presents 双葉社からデビュー賞」へ応募。

 

タグつけるだけのやつね。

 

応募後も公開しているので興味がある方はどうぞ!

 

ジャンルはラブコメ+ご当地グルメ(名古屋飯)+ライトミステリー風なものです。

 

お試し!名古屋飯!

 

 

で、昨日はプロジェクトアニマの第三弾「キッズ・ゲーム部門」にも

 

企画書で応募した。

 

本当は第二弾で終わりにしようと思ったんだけど

 

第三弾もなんか応募したいなー応募したいなーと

 

思いつつ、なーんにも浮かばなかった。

 

浮かんだというか、過去に書いた短編が長編向きな上に児童向けっぽかったので

 

それを企画書にして応募してみた。

 

改めてあらすじを書くとなると結構、大変だなあと思ったけど

 

各話のあらすじの書いているうちに楽しくなってきた。

 

そして、昨日の締め切りギリギリで応募完了。

 

 

そんなわけで、「双葉社」と「プロジェクトアニマ」に応募したので

 

現在、結果待ちは6つになった(そのうち4つはコバルト短編×2と企画×2)

 

どんどん増やしていきたい。

 

そして、次の新作の長編にも取り掛かっているので

 

こちらも今年中に完成させよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by はなちょこ | 16:42 | 公募の結果など。 | comments(0) | - |
「権力者の犬小説賞」の大賞を受賞しました!

JUGEMテーマ:投稿ライフ

 

 

ウェブコバルトの企画、「権力者の犬」小説賞で大賞を受賞しました!

 

先週の木曜日に、コバルトの公式ツイートでこの賞の結果が出ると知り

 

「もう一歩とか選外佳作として作品名と名前が載ってくれれば」と思っていた。

 

当日、結果を見て本当に驚いた。

 

驚き過ぎて「花千世子って書いてあるよね? 見間違い?」となってしまうほど。

 

本当にうれしかった。

 

権力者の犬の犬小説賞

↑のリンク先に自作が公開されています。

 

興味がある方はぜひ〜

 

 

そして、公募のお話。

 

今日、長編を書き終えた!

 

長編というか、400字詰換算で173枚なので中編なのか。

 

エブリスタの双葉文庫のコンテストに応募するために書いたもので

 

下限枚数などはなく、推奨文字数5万文字と応募規定に書かれてあった。

 

なので、それを目指して書いた。

 

あと、数百文字プラスすれば5万文字到達するので、推敲や修正していくうちに

 

5万文字になると思う。

 

173枚というのがちょっと中途半端なので、あと27枚足して

 

200枚にしようかなあと考えている。

 

それだけ、今回は楽しく余裕を持って書くことができた。

 

この話を推敲しつつ、ノベル用の長編(中編?)も進めていきたいなあ。

 

 

 

 

 

posted by はなちょこ | 19:59 | 公募の結果など。 | comments(0) | - |
イケガミコフ脚本賞、受賞!

JUGEMテーマ:投稿ライフ

 

先週は、創作関連で良いことが2つもあった!

 

1つは、エブリスタの新作セレクションに載ったこと。

 

このお話は、「別冊フレンド原作賞」というコンテスト用に書いたもので

 

以前、ジャンプノベルの恋愛大賞に応募した作品の改稿。

 

改稿というか、設定のみ残しただけで、キャラやストーリーは

 

跡形もなく変えたので、1から書き直すことになったのだけど。

 

下限枚数なしなので、気楽に書けた。

 

原稿用紙80枚くらいになったかなあ。

 

 

とにかく、新作セレクションは以前、タグをつけて応募という

 

かたちで載ったことはあるけど、こうしてコンテスト用に

 

掲載していたものが、載ったのは初めてうれしかった!

 

 

さて、次の日。

 

ウェブコバルトの企画、「イケガミコフの脚本賞」という賞があって

 

6週にわたって6人の受賞者を発表していくものなんだけど

 

「誰か知ってる人の名前はいないかなー」と確認したら……。

 

 

自分のペンネームと作品タイトルがあってビックリしたよー!!!

 

二度見したし、「ええええ!」って驚いて大きな声出てしまった……。

 

隣近所が遠い田舎で良かった。

 

それにしても、私は「脚本賞」と言われているのに、「小説しか書けないしなー」と

 

小説形式で応募したので、ダメかと思っていたので、余計にうれしい!

 

動画で若い男の子たちが、自作を褒めてくれるという経験は

 

初めてだったので、照れくさいけどうれしかったなあ。

 

ちなみに、脚本賞の結果はコチラ

 

 

ついでにエブリスタで新作セレクションに載った自作も。

 

ジャンルは異能+ラブコメです。

 

デコレーション

 

 

いやー、うれしいこと続きだったなあ。

 

長編も頑張ろう。

 

 

 

posted by はなちょこ | 12:58 | 公募の結果など。 | comments(0) | - |