CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


作家志望のぼやきと愛猫の写真。
今年も春がきた。
前回の更新はいつだっけ? と思って前回の記事を見たら

2月22日だった……。

もう少し更新していたと思ったんだけどなあ。

そりゃあ広告も出るよな。


そんなわけで、もう4月!


栃木にも春が来た。

桜は先々週が見ごろだったみたい。

毎年、10日以降に満開になるので今年は本当に早かったなあ。


そして、小説のこと。

応募のスケジュールを詰めこみ過ぎて

一人で勝手に忙しくしていたなあ(^_^;)

ちなみに、2月末頃に応募したのは

2月末締め切りのジャンプ恋愛小説大賞。

同じく2月末締め切りのウェブコバルトの企画。

3月15日締め切りの氷室冴子青春文学賞。

4月1日締め切りのコバルトの企画。

この4つ。


ジャンプは下限枚数がないので、30枚くらいでいいかなと

思ったんだけど、なんだかんだで80枚に(400字詰め原稿換算)

氷室冴子青春文学賞は、400字詰め原稿用紙50枚から150枚の規定枚数で

60枚で応募。

コバルトの企画は50枚以内だったので、40枚。

そんなふうに、ここ最近、30枚を超えて書くことが多くて

今回(4月10日締め切り)のコバルトは40枚になっちゃって

削るのはあっさり10枚削れたものの、「あれも書きたかった」とか「これも書きたかった」

という気持ちが強くて。

つくづく30枚にまとめるって、難しいんだなあと感じた。


で、ここ最近で出た結果は、なろうとコバルト短編(12月応募分)。

なろうは一次通過ならず!

ってゆーか、一万作の応募ってのがもうすごいよね……。

なろうの運営側の「一次に落ちたから悪い作品だということではありません」という

落選した人へのフォローがしっかり書かれていたのと

さすがに1万作応募だったので、あまり落ち込まずに済んだ。

そして、コバルト短編は先週の金曜日に発表だった。

もう1歩に残ってたー!!!

発表数日前になって「ダメかも」と思っていたので

すごくうれしかった。


次は長編を書きたいなあ。

でも、スケジュールは詰めこみ過ぎないようしよう。


氷室冴子青春文学賞は応募後も読めるので、気になる方は是非〜

※アクセス数などは、選考に関係ないと思います。

天国玲子は憑かれやすい


ジャンルはライトファンタジー+青春+ラブコメです。

リンク先をクリックするとエブリスタに飛びます。



さらに、前回もう一歩に残った自作も。

ただいま!

ジャンルはヒューマンドラマですが微妙に恋愛要素もあります。
新築に異様に固執する19歳のフリーターの女の子のお話です。

リンク先は、小説家になろうです。



さて、写真貼っていこう!


先月、茨城に行ってきた。
めんたいパークのトランプのゲームで勝利できたのがうれしかった。


明太子のおにぎりがすごく美味しかった。
こんなに美味しい明太子は初めてで感動した。


海!


茨城に行ったのに、スプリングヘアゴム(どこでも売っている)ものを買ってくる私。


先週金曜日。小さな神社の枝垂桜がものすごくきれだった。




我が家の庭のアーモンドの木の花も咲いた。きれい。

黒猫猫写真。


相方に甘えるさくら嬢。


相方の背中で和む、むしゃ。






おでこをくっつけて寝るのが好きらしい。


すごい顔してる。



posted by はなちょこ | 18:31 | 創作独り言 | comments(0) | - |
結果いろいろ。

JUGEMテーマ:投稿ライフ





2月になって、応募していた小説の結果が3つほど出た。

1つ目は、コバルト短編。

落選だった。


で、2つ目は、コバルトの企画「ベタだって好きなんだもん!小説賞」

もう一歩だったー!!!

選評もあるのが、うれしい!

ベタだって好きなんだもん!小説大賞



そして今週の水曜日に発表された、こちらもコバルトの企画。

チョコレート小説賞は、落選。


そんなこんなで、一つ良い結果があったので良かった。

今月は、コバルト短編(2月締め切り)、氷室冴子青春文学賞、コバルトの企画と

応募するところや、応募予定がいっぱい。

応募済みはコバルト短編、初稿あがったのは、コバルトの企画、

氷室冴子青春文学賞はまだ書き始めたばかりなので

まだまだ目標達成できてない。

余裕があれば、ジャンプ恋愛小説のほうも応募したいなあ。


そういえば、コバルトの企画でもう1歩に残った自作が

小説家になろうの日間ランキングで1位に!

記念のスクショ!




1位なんて初めてだったー。

そして、すぐに2位→今もうどこにあるんだかわからない、と

ごろごろと落ちてしまったのだけど。

それでも1位、うれしかった。


そんなわけで、結果が出た自作のリンクを貼っておきます。

※すべて小説家になろうのページに飛びます。


ビーフなカレ

コバルト短編の落選作。ジャンルは恋愛+微ファンタジー?

ほしとつき

コバルト企画のもう一歩に選んでもらったお話。ジャンルはSF


チョコレートレイン

コバルトの企画、落選作。ジャンルは恋愛+SF


興味があったらどうぞ(*'▽')




posted by はなちょこ | 17:07 | 創作独り言 | comments(0) | - |
2017年が終わる前に。

JUGEMテーマ:投稿ライフ




ちょっと、というか、かなり疲れているのだけど(小説かいてて)

今年最後の記事だけは書いておこうかな、と。

時間も時間なので、創作のことのみで。

今年は、公募ガイドへの俳句入選から始まり

カクヨムコンのランキング六位を一週間キープと

六月頃から、良い兆しが訪れ、さらには

ウェブコバルトの企画「虫喰い小説」の受賞

そして、同じくウェブコバルトの企画、ネコ小説の審査員特別賞と

うれしいことだらけだったなあ。

コバルト短編は12月(先月)にはもう1歩だったし。

応募し続ければ、良いことあるよ! ということを実感した一年。

あと、創作仲間の女の子たちとスカイプできたのも

かなり、良い刺激になったなあ。

ああ、すげーいい一年だった。

来年は同じくらい……いや、もっと良い一年にしたい!


応募のほうも、コバルトの短編は一年、休まず応募できたし

ウェブコバルトの企画は今数えてみると、8つの企画には参加できた(2つ不参加)

コバルト以外だと電撃の短編部門に応募したなあ。コバルト企画で落選した改稿作だけど。

カクヨムのコンテストやエブリスタのコンテストにも応募したものの

短編ばかりなので、長編もどうにか書けるようになりたい。

今年、コバルトのノベルに応募した170枚(400字詰原稿芳)が一番、多いのやつ。

とりあえず、100枚付近で、慣れていこうかと。

100枚も、私からすれば、とても大変なんだけどね……!


そんなこんなで。

今年もこの隅っこにあるブログを覗いてくれた方、ありがとうございました。

来年も細々とブログも続けていくので、よろしくお願いします。


ああ、コバルトのノベルは初稿あがった。

今日だけで、吐き気をもよおすレベルで書いたよ……。

でも、70枚!

規定の枚数まであと、30枚足りない!

あと一作、コバルト短編を書くくらいの気持ちで、話をふくらませなきゃな。

がんばろう。


posted by はなちょこ | 23:07 | 創作独り言 | comments(2) | - |
更新しないのは結果が良くないから。

JUGEMテーマ:投稿ライフ





とても分かりやすく、多分ありがちな更新停止の仕方。

決して、広告バナー出たから慌てて更新をしたわけではない。


で、ここ最近(9月とか10月付近)の結果。

6月に「富士見L文庫×カクヨム 美味しい話&恋の話 短編小説コンテスト」は

もともと8月末に中間結果発表だったんだけど

一ヶ月延長で9月末に。

ダメだった/(^o^)\ナンテコッタイ

でも、なんとなくそんな気はしてた。

気に入っている作品なので改稿して、コバルト短編に。

12月は長編の締め切り祭りなのでちょうど良かった!


そして10月発表のコバルト短編!

こちらもダメだった/(^o^)\ナンテコッタイ

実は、これを応募する前に、相方に読んでもらった。

そしたら「最終兵器彼女、読んでみたら?」と言われ

え、なに、似てるの?

私は「最終兵器彼女」読んだことないから、似たのは偶然だな。

そんな感じで、飛んでけー!ってくらいの勢いで応募したんだけど

遠く彼方へ飛んでいってしまったなあ。


ちなみに、応募したあと、「最終兵器彼女」を全巻読んだ。

1冊ごとに泣ける! なにあれ、すごい!(もともとない語彙がさらに消失)

「さよなら、パパ。」もおもしろかった。

でも、家には「いいひと。」がないんだよなあ。

高橋しん、いきなり好きな漫画家にランクイン。


そんなこんなで、長編に手をつけ始めた。

コバルトのノベルは、今年の6月くらいからアイデア決まってたけど

久々にそのアイデア読み返したら

「あっれー? おもしろくない!」

というわけで、ボツに。

なかなかアイデアが降りてこないので。

じゃあ、「少年向けの長編とか久々に書こうかな!」と意気込んだ。

そして、これはイケる!絶対に受賞できる!(うまく書ければ)アイデアを思いつき

初の異世界転生ものを書いた。


ちなみに、ファンタジーはとても疎い。

異世界ものとか、ちゃんと書いたことがない。

そんなわけで、苦しみつつも、第一章ができあがった。

アイデアを気に入ってくれた相方が「読ませてよ」と言うので

下読みをしてもらう。

結果。

「おもしろくない以前の問題。こんなの応募しちゃダメ」

という言葉をいただきました!

なんかダメなところが多すぎて、どこを直せばおもしろくなるという問題ではない。

つまり、私は異世界もの向いてない、もっと勉強して出直してこーい!

……というわけで。

家にあった「スレイヤーズ」を読んでみた。


1巻、すっごく面白かった!!!!!

でも、スレイヤーズ読んだら余計にファンタジー書ける気がしないな!

アクションシーンとか書きたいけど、その辺のスキル皆無だしな!


そんなわけで、地に足をつけて、自分が書けそうなジャンルに挑むことに。

ずーーーーっと「このアイデアで書いてみたいけど、おもしろいのか?」という

アイデアがあったんだけど、なんとかまとまったし、大丈夫。多分。

応募先は考えているものの、それよりもまずは完成させることが目標。


少年向けのアイデアを出していくうちに、コバルトのノベルのアイデアもまとまった。

こちらは枚数としては中編(100枚くらい)のイメージなので

先に少年向けの長編を完成させたい。

完成するかなあ。

今のところ順調(応募先の規定文字数設定で22枚)だけど

中だるみしそう。

自分が飽きる前に、書き上げられたらいいんだけどなあ。


コバルトの企画の「ベタだって好きなんだもん!」は

初稿できたからという理由で、余裕ぶっこいてたけど。

改稿しなきゃな!と今日思いついて

まだ手をつけていない。

「今日はコバルトの企画も改稿して長編も進める!」とか考えてたけど

考えてただけで終わらないといいなあ。


そんなこんなで、10月の結果、選外だったコバルト短編、なろうにUPしました。

興味ある方はどうぞ。

彼氏は中二病

ジャンルはラブコメ+SF(風味)です。




posted by はなちょこ | 17:33 | 創作独り言 | comments(0) | - |
コバルト短編とカクヨム。

JUGEMテーマ:投稿ライフ




今日(8月4日)は4月に応募したコバルト短編の結果発表。

選外だった。

完成した時は「これで受賞!」なんて思ってたんだけどなあ。


一番最初にタイトルが思いつき、そこからふくらませて小説にしたのだけど

それがダメだったのか?

それとも、歌い手の説明が分かりづらかった?

いや、ストーリーか?

キャラか?

むしろ全部か?!


色々と考えてしまったけれど、次を書こう。



で、カクヨムの

「読んだことのない本の感想を勝手に書きなさい! カクヨム放送局プレゼンツ・空想読書感想文コンテスト」


というものに応募してみた。


仮想の小説へのレビューだけなので、小説ではなく感想文なのだけど。

こういう企画ものはコバルト以外で初めて参加したなあ。


さらに、ついさっき

「カクヨム異聞選集 〜本当にあった怖い話・不思議な体験コンテスト〜」

というものにも応募してみた。

文字数が1200文字くらいのショート・ショートっぽいもの。

実体験がこんなところで役立つとは!


今月の10日締め切りのコバルト短編も二作が完成。

とりあえず修正しなければ!


そんなこんなで、良い結果になりたい!


海底の歌姫

コバルト短編の選外です。
ジャンルは青春+恋愛。歌い手が主人公。


枕元の、首

カクヨム異聞選集 〜本当にあった怖い話・不思議な体験コンテスト〜 へ応募中。
実話のホラーです。




posted by はなちょこ | 20:48 | 創作独り言 | comments(0) | - |