CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


作家志望のぼやきと愛猫の写真。
三次通過できなかった。

JUGEMテーマ:投稿ライフ

 

 

みらい文庫、三次通過ならず!

 

ここで、「まあ、三次通過は無理かなあと思ったんだよね」とクールに振る舞うことはできない。

 

だって最終選考の座談会選評の形式であれこれ言われながらも、受賞するという妄想をして

 

毎晩、寝る前に楽しんでたんだよ(´;ω;`)

 

 

そもそも三次通過発表が、20日頃と公式ツイートでされた時。

 

頃ということは20日確定ではない。

 

それならもっと早いという可能性も遅いという可能性もあるのか。

 

そう思っていたら18日の月曜だったー。早かったー。

 

 

それにしても、落ちてる時って一瞬で「ない」ってわかるね。

 

いつもそうなんだけど、ぱっと見で自分の名前があるかないかわかる。

 

それだけ、通過者リストにものすごい集中力がいってるんだろうなあ。

 

 

今回、選評をもらえたのは、うれしい誤算だった。

 

なぜ落ちたのかわからないよりも、こうしてどこが良くてどこが悪かったのか。

 

編集者の人がコメントをくれるというのは、とても貴重でうれしい。

 

本当にありがたかった。

 

 

で、ぶっちゃけると、「ハート・デコレーション」は使い回し。

 

エブリスタのほうにUPしている「デコレーション!」を少し改稿したものだ。

 

みらい文庫の規定ではOKなので。

 

エブリスタの「別冊フレンド原作賞」に応募したら、優秀100作に残ったので

 

ちょうど募集していたみらい文庫に、少し改稿して応募した。

 

昔から、改稿作が良い成績だった試しがないので

 

「一次通過できたらうれしい」という気持ちだった。

 

自信がないというか、みらい文庫への応募が初めてだったので

 

どのくらいで一次通過なのかとか、そういう情報が自分にない。

 

だから未知の場所に応募した気分だった。

 

 

そんなわけで、二次通過三次落ちという結果だったけど

 

選評を読むと、何がダメだったのかよくわかるので

 

設定だけまた引っこ抜いて、また0から長編に書き直そうかなあと思っている。

 

どこかに応募する、ということではなく。

 

元が中編なので長編にしてみたいなあという気持ちと、この設定で別のお話書けるんじゃない?

 

……という完全に、私の趣味だよね。

 

 

そんなわけで、落ちたけど、二次通過三次落選と

 

とても頑張ってくれた作品なので、なんとか活かしたいなあと思いつつ

 

今書いてる長編とか応募する短編、進めたいなあ。

 

posted by はなちょこ | 10:55 | 公募の結果など。 | comments(0) | - |
三次通過者発表待ちの心境。

JUGEMテーマ:投稿ライフ

 

 

すべての結果が出てから書こうと思ったんだけど

 

この今の複雑というか、なかなか表現しにくい感情は

 

今この瞬間しか書けない気がしてブログを更新してみる。

 

みらい文庫で現在、一次、二次と通過していて三次通過の選考待ち。

 

 

もともと、一次通過した時点でブログ更新しようかと思ったんだけど

 

今月の中旬には二次通過者発表、と公式ツイートで見たので

 

じゃあ、二次発表まで待とうかなあと思ったら

 

二次通過してて、正直、びっくりなんだよな。

 

最初はすごくうれしかったけど、今はなんかもう、ドキドキハラハラ。

 

 

私は、今まで受賞とかすべての結果がわかった上で一気に発表されるのとか

 

受賞後に受賞の連絡がくるタイプのとか。

 

どっちかしか味わったことなくて、このドキドキハラハラが未経験だ。

 

というか、そもそも二次選考通過したのって、8年くらい前のウィングス以来では。

 

その時は三次落ちなのだけど。

 

 

ともかく、二次通過していて、三次の発表を待つのが生まれて初めてで

 

いつもソワソワしている。

 

でも、みらい文庫は20日頃に三次通過者発表だそうなので

 

まだ断然、早いほうなのだろうな。

 

 

みらい文庫に応募したのは、初めてなのだけど

 

というかそもそも、児童文学に応募したのは初めて。

 

気にはなっていたものの、なんとなく見送っていた。

 

それで、去年の冬の応募がウェブに応募になって

 

しかも、応募できそうな作品があったので応募してみた。

 

私が昔りぼんとかで読んだ少女漫画っぽいお話が書けたので

 

これはいいかもしれないなあと思ったのだ。

 

ただ、自作を気に入っているのと、通過するのは別の話。

 

お気に入りが通過しない、結果出ないなんて日常茶飯事だしねえ。

 

 

そんなわけで、今回は自分のお気に入りの作品が

 

二次通過と頑張ってくれていてうれしい。

 

正直、三次通過したいし、最終選考に進んで受賞もしたい。

 

でも、そうやって良い妄想ばかりすると

 

ダメだった時に辛いなあとか。

 

だけどやっぱり三次通過したいよね、とか。

 

良い妄想と悪い妄想、交互にしている。

 

20日付近は、自分の精神が持つのかわからない(おいおい)

 

 

で、一昨日なんとなく眠れなくてみらい文庫の公式サイトの

 

過去の最終選考の座談会形式の選評を読んで

 

「イラストにしやすいって大事なのか。私のは、イラストだとわかりにくい?」

 

なんて考えちゃって、あれこれ考えこんでいる。

 

今さら私が何を悩もうが結果は変わらないのに。

 

それでも悩んでしまうものなんだね。

 

とにかくそれだけ、自分の人生の中で大きな出来事なんだよ。

 

 

 

でも、創作のドキドキっていいよね。

 

リアルの嫌なことや悩みなんか、今入る余地がない。

 

結果待ちがあるって、良いことだなあ。

 

うーん、でもドキドキするね!

posted by はなちょこ | 17:23 | 創作独り言 | comments(0) | - |
毎日が猫の日。

 

相変わらず、ブログのタイトルに悩むなあ。

 

猫の日からまた日にちが経ち、「ブログ更新まだいいか」とか放置していると

 

3月が終わってしまう。

 

せっかく1カ月最低1記事という目標が!

 

というか、猫写真は月1は必ずUPしたいのに(私が見返したいという理由も大きい)

 

そんなわけで、最近の猫写真を!

 

 

この目をしている時は、大抵、むしゃを見ている。

 

この目をしている時は大抵、写真撮りまくる私に呆れている。

 

寝室に行くまで、リビングで私を待っているむしゃ。

 

自宅警備中のむしゃ。やっぱ君、でかいね!

 

むしゃにちょっかいかけたら、むしゃに怒られてしょんぼりするちょこ。

 

毛づくろいの最中。

 

この猫用のブラシがお気に入り。

 

遊びたいちょこvs今は眠いむしゃ

 

ごめんなさいをするちょこ。

ではなく、私がしつこいちょこを叱ったらちょこが下を向いただけである。

 

 

 

posted by はなちょこ | 18:34 | 猫写真 | comments(0) | - |