■コーヒー牛乳■
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
SEARCH
OTHERS
みんなのブログポータル JUGEM

江戸の町と魔法少女の魂。

JUGEMテーマ:日記・一般




先週、相方と埼玉にお墓参りに行ってきた。

お墓参りの前に羽生のパーキングエリアで休憩をしたら


どこの江戸?! 状態にリニューアルされていた。




すごい。タイムスリップしたみたい!





クオリティが高い。


そしていちいち芸が細かい。





これはすごく良いものを見てしまった。

デジカメ持ってくれば良かった!!!

外観だけではなく、売っている食べ物とか江戸を意識していたり

内装もきちんと江戸な世界を再現しているようだった。

今度はデジカメ持って行きたいなあ。

羽生パーキングエリアは一見の価値あり!

……なんて回し者みたいな発言をしたくなるほど、クオリティが高かった。


さて、お墓参りの後でレイクタウンに行った。

あのものすごーーーーく広いアウトレット。

数年ぶりに行ったなあ。

スイマ―がちゃんとした店舗であったので感動した。

スイマ―めっちゃ好きだよ!あのオモチャっぽさ!(褒め言葉)

夢の国のようだったよ。

宇都宮にスイマーの雑貨がちょっとだけ置いてある店はあるんだけどねえ。

本当にちょっとだけなんだよ(´・ω・`)

埼玉すごい!

さすが都会だなあ。

で、アウトレットをうろうろしていたら何気なく

ガチャガチャの機械がいっぱいある場所を発見。

ついついガチャガチャは一台一台チェックしてしまう私と相方。

そしたらあったんだよ!

まどマギのソウルジェムストラップのガチャガチャが!!!!!!!

最初は、前に見たまどマギの別のガチャガチャかなーと思ったんだけど

それは私がずっと探し求めていてあきらめたやつだ!

3年前だか4年前だかに、ソウルジェムストラップが欲しくて

探し回って、やっと見つけたけど中は空っぽ(つまり売り切れ)

そんなことが何度もあって。

このオタク共め!(お前もな)

なんて思っているうちに、なくなってしまったのだけど

こんなところで再会できるとは……!

もちろん回したよ。

個人的には色はまどかのがいいなあと思ってたんだけど


あらマミさん。

ってゆーかマミさんの色だとちょっと分かりにくいんだよなー。

もう全色出すまで回そうかと思ったけど

それはやめておいた。

そして、そのガチャガチャの近くにあったアニメイトに入り

ごちうさのガチャガチャを発見。

イラスト入りキーホルダーみたいなやつ。

相方「待て。それはただの絵だ!」と止められた。

いや、あの、実はごちうさはほとんど見てなくてなー。

絵はかわいてく大好きなんだけど。

なのでやめておいた。

あー。まどマギのソウルジェムストラップもう1回だけ回しておけば良かったなあ。

色的にはまどかかさやかなのだけど

キャラはほむら好きなんだよなー。

キャラというか中の人か。

斎藤千和さん大好き。ガハラさんで惚れたぜ!

そろそろやめておこう。

これをうっかり読んだ人にドン引きされそうだ。いや、もうされてるのか。

そんなこんなで、楽しかったなあ。

もうレイクタウンに何しに行ったのかよく分からなくなったけど。

ソウルジェムストラップをゲットできて大満足!

ちなみにバカみたいに運動不足なので森も満足に回れずに帰ったよ(´・ω・`)


あ、そうそう。

一昨日、共幻文庫の短編コンテストの一次通過発表があった。

10日発表することは知っていたので

10日の朝からずっとサイト覗いてたよ。

F5キーを連打する簡単なお仕事です!

前回は選外だったので、今回はなんとか!という気持ち。

2作応募したけれど、どうだったかなあ?と色々と考えてしまった。

一次通過者発表があったのは0時直前。

この焦らし上手!(深夜のテンションでおかしくなっている)

そして。

一次通過していたよー━━━━(゚∀゚)━━━━!!

一作だけね! もう一作は落ちた。

でもいいの! 一作通過していたので大満足。

二次通過発表は20日だけど、あんまり気にしないように過ごそう。

発表を気にする前に応募作を書かないとね!


猫写真(=^・・^=)






むしゃから昼寝のお誘い。


日常 | permalink | comments(0) | -

「楽しむ」って最近してない。

JUGEMテーマ:日記・一般






相方に「ブログ、月1も更新してないよね」って言われた。

じゃあ、そろそろ更新しようかなあ、と。


で、7月と8月の出来事を簡単にまとめる。

・初めて地元の夏祭りの手伝い(屋台)をする。

・相方の誕生日(8月11日)


あれ? これだけ?!

小説関連のことを除いたら、なにこの行事の少なさ!

うーん。もっとなにかあった気がするんだけど。


応募小説に関しては、もうなんか思い出すだけでぐったりする。

最近、結果が分かった公募たち↓


8月初旬に発表されたコバルト短編→選外。

同じく8月初旬に発表された共幻文庫の短編コンテスト→選外。

先週発表されたコバルトのホラー企画→選外。


恐ろしいくらいに選外続きだよ!

ここ数か月で、一番良い結果は共幻文庫の佳作をもらったこと。

でも、もう3ヶ月前の出来事だ。

うかうかしてたら1年なんてあっという間だ。

特にここのところ、コバルト短編はずーっと選外。

調べてみたら去年の10月にもう1歩で載って以降、選外続き。


せっかちなタイプなので、焦ってしまうのだけど。

焦ってもどうにもならない。

むしろ焦れば焦るほどにアイデアが出ないし書けない。

そんなわけで、私はもう焦ることをやめにした。

まだまだ努力不足なので、もっと頑張れるところは頑張るとして

気持ちとしては「結果を出す」ということよりも

「楽しく書く」ということを優先する。

でも、最近の自分の趣味が、「コンテストとかに応募して結果を知ること」なんだよね……。

結果がどうであろうと、発表前日のワクワクが楽しい。

楽しく書いて、応募。

これができれば一番いいんだよなあ。


それにしても最近は創作関連のつぶやきのような日記になってる。

ついでに結果が出た小説のリンクも貼ってしまおう。

キューピッドとバレンタイン コバルト短編選外。

私だけの救世主 共幻文庫短編コンテスト選外。


ねこ猫写真。


カメラ目線。


ぽってりした腹。


猫たちの水飲み用の器に氷を入れてみた。


ものすごい見てるなあ。
この後、氷を前足でちょんちょんつついて遊んでいたんだけど撮れなかった!


発酵。


イケニャン。


うっかり前足を踏んでしまい、「もう誰も信じられない」という目をしているむしゃ。
※このあと30分も経たずに機嫌が直る。


日常 | permalink | comments(0) | -

ホラーに目覚めた?

JUGEMテーマ:投稿ライフ





庭で咲いた紫陽花。


やっぱり月1更新になってるー!!!

コバルトノベルの発表後にブログ更新しようと思っていたのだけど

発表から結構、日にちが経ったなあ。

先月にコバルトのノベル(中編から長編の応募)の一次と二次通過者発表があった。

突然の発表で、しかもツイッターのフォロワーさんの話で知ってものすごくビックリ。


もともと2年くらい前に書いた(どこにも発表していない)お話の改稿作を応募したので

「一次通過しないだろうなあ」と思っていたら、本当に一次通過しなかった/(^o^)\


もちろん適当に書いたわけじゃないのだけど後になって我に返るというか

ダメところばっかり目についてしまって、「これはもう忘れよう」と思っていた。

ある程度、結果を出す作品は応募した後で

「そんなに自信はないけど私は好きだよ!」って思えるんだよね。

私の少な〜い経験から導き出された答え。

そろそろ言い訳はやめよう。


んで、コバルトのホラー企画は応募した!

6月末くらいだったかな。

原稿用紙30枚以内におさまったので、コバルト短編でもいける量なのだけど

正直、短編のほうで受け付けてくれる話かどうか不安で……(;´・ω・)

ちょっとはっちゃけ過ぎたかもしれない(ホラーではっちゃけるなよ)


コバルトのホラーとジャンプの短編に応募しようと思って(こちらはやめたけれど)

最近、ホラーを私にしては沢山書いたのだけど、書いてて楽しい。

楽しいってなんだよって自分で思うのだけど。なんだろう。

自分がものすごく怖がりな上にホラー作品は嫌いじゃないという矛盾人間なので

書いていると変なテンションになるんだと思う。


うーん。

なんかダラダラ長くなるので、今後応募予定のところを箇条書きにしてみる。


・コバルト短編(8月10日締め切り)

・共幻文庫 先月は応募できなかったので今月は絶対に!

・長編(少年向け)応募する出版社はまだ未定。

・小説家になろうのホラー企画。 初参加!

・コバルトのあらすじ大賞


全部、応募できるように頑張ろう!


0写真。


近所(でもないか)のパン屋さんが増築してた!





まだ工事中だったけど、かわいかったー。北欧っぽい(行ったことないけど)


ねこ猫写真。


相方に抱っこされるお嬢。


窓辺で寝転びながら自宅警備。


お嬢「異常ないわよ」


むしゃ、イケニャン!


お気に入りのダンボール。


ダンボール、壊れてきてないか?


一触即発。でも仲はいいんだよ。




日常 | permalink | comments(0) | -

ちょっと前進!

母がかかとを骨折して全治三ヶ月。

ちょうど実家はこの時期、巨峰と田植えで忙しい時期だ。

父も数年前に手術をしているので無理はできない。

そんなわけで、相方と相談して、猫たちもつれて愛知へお手伝いへ行くことに。


私は持病のため、農業で手伝うものが限られてしまうため、家事全般を

相方が農業全般の手伝いを、両親に教わりつつお手伝いすることにした。


手伝いについては、特にこれと言ったハプニング(あっちゃダメだけど)はなく

……というか私は慣れている家事だしな! 

相方についても、母が「すごく丁寧に一生懸命やってくれる」と喜んでいた。

母はギプスしてんのに歩くの速いし、農作業やってるし、まったく怪我人らしくなかった。

おまけに「ギプスがあるから歩きにくい」と言い出す始末。

いや、もともとギプスしたまますたすた歩く人いないからね?


そうそう。

甥っ子(10カ月)に会えたのはうれしかった!

ぷにぷにすべすべ肌最強! 愛想はいいし、もういろいろと理解しているみたいだし

将来、有望だわー(伯母バカ)

私と相方、私の両親、弟夫婦と甥っ子、さらに母方の伯母も一緒に

「ぎょぎょランド」へ行った。もう何十年ぶりだろう。







どの動物もカメラ目線。


山が近い!


菖蒲が見ごろだった。


アヒルかわいい。

ちなみに甥っ子は車に乗った途端、眠ってしまい、まったく起きなかった。

んで、途中で起きたので弟夫婦が水族館に連れて行ったみたい。

寝起きに見る魚ってビックリするよなーと思いきや、かなり真剣に見ていたのがかわいかった。


そういえば、会う度に「太った」と言ってくる伯母。

去年は愛知に来て電話越しに「太ったでしょ」と言われた。

今年はなんて言われるのかなーと思っていたら……。

「あれ? 痩せた?」と。

まじかー━━━━(゚∀゚)━━━━!!

そして直後にこう言われる。

「うーん。やっぱり変わらないか」

上げて落とすという戦法だ!

電話越しの時といい、今回の時といい、恐ろしい人!


甥っ子をたっぷり見れたし、たっぷりぷにぷにしたけど

スマホで写真撮るのすっかり忘れてた!

あのあと、弟からLINEで写真もらったからいいか。

それにやっぱり生で見た方がいい(ノ´∀`*)

次に会う時は1歳過ぎてるなー。


愛知でいろいろなスーパーへ行ったのだけど

「バロー」って名前のスーパーがある。コロッケ18円。

そこのスーパーの名前を相方が

「バーロー」って何度も間違えてたのが印象的だった。

バーローって、頭脳は大人で体は子供のあの人の台詞じゃないの。


そんなこんなで9日くらい実家にいたかなあ。

夫婦&猫連れでこんなに長い期間、実家にいたのは初めてだ。

なんだか新鮮で不思議な感じだったなあ。


実家にいる間に、元自室がまだかろうじてあるので

そこで黒歴史あさりでもしてみたのだけど、何もでてこず(´・ω・`)

高校時代にクラスで流行したペコちゃんのキーホルダーが出てきた。

黒歴史じゃないけど。


なつかしいいい。

そんなこんなで

昔にタイムスリップしたような気分になった帰省だった。

愛知に行く時に咲き出した家の庭のバラ。

帰ってきたら散ってるかなーと思ったら……。


満開だった。見られて上に写真も撮れて良かった。


実家のこととは関係ないけれど

共幻文庫の短編コンステスで佳作に選んでもらった!!!

短編コンテスト 第1回「笑い」選考結果

「五月病」という作品タイトルで、ペンネームは花千世子。

うれしいヾ(*’▽’*)ノ

ついでに応募作のリンクも貼っておきます〜

五月病

推敲したのに、誤字脱字を発見したよ(´・ω・`)

推敲、甘かったなあ。


そして今日、コバルト短編(6月分)を応募したー。

短編のWEB応募は初めてなので何だか不思議な気分。

完成するまでに4ヶ月かかっているので、どうなんだろうなあ。


それでは猫写真を黒猫

実家に行って1日目のむしゃ。





落ち着かない様子。無理もない。


実家に行って2日目くらいのお嬢。ぶれた。


これは3日目くらいかなあ。まだまだ落ち着かない様子。

一方、3日目のむしゃ。


むしゃ「俺の新しい家にようこそ!」


いや、それ下僕がパソコン用のテーブル代わりにしている場所なのですが……。


四日目くらい。


めっちゃなごんでる。


このふてぶてしい表情がお嬢らしい!

そして栃木へ戻る。


家に帰った途端、長く伸びた爪を切られるお嬢。


家に帰ってすぐに箱におさまるむしゃ。



- | permalink | comments(0) | -

母からの報告ほど怖いものはない!

JUGEMテーマ:日記・一般



ちょうど母の日に、母から電話があった。

母は、「報告があるんだよ」と何だかうれしそうに話し始める。

その前置きに嫌な予感しかない娘の私。

嫌な予感ってのは当たるもので、どうやら母は骨折したらしい。

骨折した箇所がかかとなので、入院しているわけではないらしいけれど。

なんでも、夜に離れの家の階段を降りるときに

階段の灯りを面倒くさがってつけず、そのせいで

階段の途中にいた猫(サビ柄)の存在に気づかず

踏みそうになって猫の存在に気付いた母は、猫を避けようとして

そのまま階段を踏み外して下まで落ちたらしい。

しきりに「あんなところにいるクマ子(猫の名前)が悪い!」と猫のせいにしていた。

でもさ、灯りつけないのが悪いんじゃないのー(´・ω・`)

まあ、慣れ切った家で油断していたんだろうなあ。


母は一ヶ月はギプスが外せず、外れた後も二ヵ月くらいは安静にしていた方が良い

そう医者に言われたそうだ。

しかし、農業をしている実家は、ちょうど今、巨峰の時期。

おまけに来月からは田植えもある。

父も数年前に手術をしているので、無理ができない。

そんなわけで、私と相方が愛知の実家にお手伝いに行くことにした。

来週の火曜日から、二週間くらいかなあ。

もちろん猫達も連れていくよー。いろいろと心配だけど。


栃木からだと、なかなか実家に帰ることができず

一年ぶりの帰省がまさかこんな大事になるとはー。

この時期の愛知、もう暑そうだしなあ。

でも、甥っ子に初めて会えるのは楽しみ!


新しい在宅の会社も決まったので、5月末から6月頭は忙しくなりそうなのに

こんなときに限って応募したい小説のコンテストが多い(;'∀')

パソコンは実家に持って行くけど、仕事のためだしなあ。

とりあえず、応募用の長編のプロットだけは今のうちに完成させておこう。


花


近所のポピー畑が満開。







宇都宮付近。


のどかだなあ。


もう6、7年ぶりくらいに「ろまんちっく村」に行ってみた。


さすが平日の午前中。


ゴーストタウンみたいだ。

ここが道の駅だってこと、初めて知った。


ろまんちっく村のバラがちょうど満開。














気軽な気持ちでハイキング。


ものすごく疲れた……。運動不足には辛かったな。


家の庭のバラもつぼみがふらくんできて、上の方は咲き出した。
ただ、高すぎて撮れない!

ねこ


お嬢、起きる。


ぼーっとしてから


すぐにシャキーン(`・ω・´)


遊ぶむしゃ。


背後でした物音(相方が作業していた音)で妙にビビるへたれである。


Check
日常 | permalink | comments(0) | -